<< 松井秀、連日の4番で4打数1安打 ヤンキースは3連勝 | main | Aロッドに薬物疑惑か=米誌 >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


阪神 FA三浦獲得失敗は大正解?

JUGEMテーマ:スポーツ


「いろんな人に迷惑をかけた。申し訳ないという気持ちもあります」

 30日、FA宣言した三浦が横浜残留会見。
終始硬い表情を見せながら口を突いて出るのは、
「申し訳ない」という謝罪の言葉ばかりだった。


↑何があったんでしょうか?
当初は「阪神移籍で堅い」といわれていた三浦が、なぜ横浜残留を決断したのか。ファンによる熱心な引き留めや新天地へ移ることで家族へ負担を強いることが重荷になったことは確かだろう。

 金銭面もある。三浦は阪神から3年13億円という破格の条件を提示されたといわれている。しかし、FA選手は移籍1年目は現状維持の年俸(1億5000万円)で据え置かれるため、2年目、3年目には5億7500万円もの給料を受け取ることになる。これは球界最高年俸の金本(5億5000万円)の金額を超えることになる。これに三浦自身が、「あの金本さんよりもらえないし、まして球界最高年俸なんて」と、引いてしまったといわれている。

↑そんなことを気にしているようでは、「阪神に移籍しても活躍するのは難しかったのではないか」との声もある。

その声は正しいのかもしれない。よく言われる不信だった原因の一つに打線の不調が
大きくあげられていた。阪神は、選手補強だけでなくまた新たに出直す必要があるのかもしれない。

スポンサーサイト

  • 2009.02.08 Sunday
  • -
  • 19:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM